太陽光パネルの廃棄はおまかせください

私たちは太陽光パネル廃棄・処分の総合窓口です。

廃棄、リサイクル、リユース、メンテナンスなど保有されている太陽光パネルの総合的なご相談を承ります。

太陽光パネルは適切な廃棄が必要です

太陽光パネルの廃棄はガイドラインで適切な処分が求められています。

日本では、再生可能エネルギー固定価格買取制度(FIT法)が導入されて以来、太陽光発電が急速に拡大してきました。

しかし、太陽光パネルの耐用年数は20年~30年程度とされており、2030年頃から使用済み太陽光パネルの排出量が一気に増える見込みです。また、太陽光パネルには一部有害物質が含まれています。

そこで「太陽光発電設備のリサイクル等の推進に向けたガイドライン」などが整備され、事業者は太陽光パネルの適切な処分・廃棄の対応が必要になっています。

◆廃棄太陽光パネルは産業廃棄物に指定されました。【平成27年6月】

https://www.env.go.jp/press/101130.html

◆リサイクル等の推進に向けたガイドラインが制定されました。【平成28年3月】(平成30年12月改定)

https://www.env.go.jp/press/106294.html

◆重金属等の含有が未確認のまま、遮水設備のない処分場に埋め立てないよう指導がありました。【平成29年9月】

https://www.soumu.go.jp/menu_news/s-news/107317_0908.html

このような方におすすめです

お悩みの方は、まずはご相談ください。

☑ 破損・故障など不要な太陽光パネルの処分先が見つからない

☑ 施工、解体、産廃…?どの業者に依頼すればよいかわからない

☑ リサイクル、リユースなど適切な方法で廃棄・処分してほしい

☑ 運搬から廃棄・処分まで一括して相談にのってほしい

☑ 保有している太陽光パネルの交換や、引き取りが可能なのか知りたい

お問合せの流れ

STEP1

お持ちの太陽光パネルの廃棄・処分について「お問い合わせフォーム」よりご連絡ください。

STEP2

太陽光パネルの状態、枚数などをお聞きします。内容に合わせて適切な業者(処分業者、リサイクル業者など)をご紹介させていただきます。

STEP3

業者が太陽光パネルのお引き取りに伺います。処分完了後、マニフェスト伝票にてご報告いたします。

よくある質問

■なぜ不要になった太陽光パネルは、適切な廃棄処理が必要なのですか?

以下のようなガイドライン等が定められております。
【平成27年6月】廃棄太陽光パネルは産業廃棄物に指定されました。
https://www.env.go.jp/press/101130.html

【平成28年3月】環境省より太陽光発電設備のリサイクル等の推進に向けたガイドラインが制定されました。(平成30年12月改定)
https://www.env.go.jp/press/106294.html

【平成29年9月】重金属等の含有が未確認のまま、遮水設備のない処分場に埋め立てないよう指導がありました。
https://www.soumu.go.jp/menu_news/s-news/107317_0908.html

下記省庁の勧告等もご覧ください。
総務省:太陽光発電設備の廃棄処分等に関する実態調査<結果に基づく勧告>
https://www.soumu.go.jp/menu_news/s-news/107317_0908.html

■太陽光パネルには有害物質が入っているのですか?

はい。パネルによって混入している有害物質が異なります。中には基準値を超えたものもございます。そのため、適正な処分が必要になります。

■不要になった太陽光パネルにはどのように処分・廃棄すればよいのですか?

太陽光パネルの処理・処分を行う場合には、廃棄物処理法に基づき排出事業者が産業廃棄物として以下のように、適切に処理する必要があります。(ガイドラインより抜粋)

1.適切な事業者への処理委託、もしくは排出事業者自らによる処理
2.委託契約書及び産業廃棄物管理票において太陽電池モジュールを明記
3.廃棄物の適正な処理の方法についての情報提供
4.産業廃棄物管理票(マニフェスト)の交付
5.産業廃棄物処理の適正な対価の支払い
6.産業廃棄物処理の委託状況の確認、埋立処分が終了するまでの必要な措置

セミナー情報