固定価格買取り制度(FIT)

Feed-in Tariffの略で、再生可能エネルギーで発電された電気を、国が定める価格・期間で電気事業者が買い取る制度です。FITは2012年7月1日に開始し、「電気事業者による再生可能エネルギー電気の調達に関する特別措置法(FIT法)」に基づいています。
太陽光発電の余剰電力(住宅用などの10kW未満)を電気事業者が買い取ります。その際に使われた費用は、電気料金の一部として国民が負担する制度(再生可能エネルギー発電推進付加金)となっています。
国民負担額の増加など課題により2017年4月に改正FIT法が施行されさました。以前は設備認定(設備を確認する)でしたが事業計画認定(事業計画を確認する)に変わりました。より確実に事業を行う案件を認定する仕組みです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です