フランスのヴェオリア、産業規模で完全な太陽光発電リサイクルをテスト

2021年6月10日に、仏ヴェオリアグループのプロジェクト管理の下で、寿命末期の太陽光発電(PV)モジュールをリサイクルするための非常に効率的で特別なプロセスが開発されてることを発表しました。

太陽光発電モジュールのリサイクルのバリューチェーンに沿って運営されている公的および民間部門のパートナー企業と協力して、太陽光発電モジュールのすべての部品(素材)が初めて完全に回収されます。このようにして、純粋なシリコン、銀、ガラスを加工業界で再び利用できるようにします。

EUは、EIT RawMaterialsを介して合計480万ユーロでReProSolarプロジェクトに資金を提供しています。

ReProSolarプロジェクトは、廃止されたPVモジュールの革新的な管理を担当します。このように、太陽光発電産業は、廃棄物を削減し、貴重な原材料を保護するためのサーキュラーエコノミーになります。

「私たちのプロセスは、太陽電池をガラス板から効率的に分離できる新しい層間剥離技術に基づいています。革新的な物理的および化学的プロセスにより、PVモジュールを粉砕することなく、すべての材料を回収できます」と、Veolia Umweltservice GmbHのプロジェクトマネージャーであるAntoineDriancourt氏は説明します。

 

さらに、「今日、太陽電池から銀とシリコンを非常に高純度で回収できる工業プロセスは世界にありません。これは、現在のリサイクル基準の観点から、太陽光発電業界全体にとって大きな進歩となるでしょう」とDriancourt氏は付け加えます。

処理や原材料の洗浄から廃棄物の流れのサプライチェーン、さまざまな産業への再統合まで、プロジェクトパートナーとのバリューチェーン全体が考慮されます。

 

ReProSolarプロジェクトは、プロジェクト番号20028の下で欧州工科大学院(EIT)内のイノベーションコミュニティであるEIT RawMaterialsによってサポートされています。資金提供は2021年2月から実施されており、2025年1月に終了します。

 

産業規模での実現可能性は、ドレスデンのパートナーであるFLAXRES GmbHとグルノーブルのROSI Solarの企業で年末までにテストされる予定です。2023年までに、年間5,000トンの廃止されたPVモジュールが実証プラントで処理される予定です。

 

パートナー企業一覧

Evonik Operations GmbH 、ドイツ

FLAXRES GmbH、ドイツ

INP(GrenobleInstitutfür Technologie)、フランス

ROSI Solar、フランス

TECNALIA Research&Innovation、スペインTriade

Electronique、フランス

Veolia Deutschland GmbH、ドイツ

Veolia Recherche&Innovation(VERI)、フランス

Veolia Umweltservice GmbH (リードパートナー)、ドイツ

EUの資金提供:EIT RawMaterials

 

参考URL:

https://newsroom.veolia.de/pressreleases/veolia-testet-mit-partnern-vollstaendiges-photovoltaik-recycling-im-industriellen-massstab-3098711

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。