循環型社会

循環型社会とは、「廃棄物等の発生抑制と適正な循環的利用・処分により、天然資源の消費を抑制し、環境への負荷ができる限り低減される社会 (循環型社会形成推進基本法 第二条より)」のことをいいます。

出典:環境省

日本では、循環型社会の形成に向け、政府一体となった取組を推進するため、循環型社会形成推進基本計画が策定されました。

第四次循環型社会形成推進基本計画の概要(平成30年6月19日閣議決定)

環境的側面、経済的側面及び社会的側面の統合的向上を掲げた上で、重要な方向性として以下の項目を掲げ、その実現に向けて概ね2025年までに国が講ずべき施策を示しています。

①地域循環共生圏形成による地域活性化

②ライフサイクル全体での徹底的な資源循環

③適正処理の更なる推進と環境再生

④災害廃棄物処理体制の構築

⑤適正な国際資源循環体制の構築と循環産業の海外展開

特に、「②ライフサイクル全体での徹底的な資源循環」では、「素材別の取組等」として、「太陽光発電設備」が取り上げられています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。