大阪ガス、NExT-e Solutionsとリユース蓄電池を活用した系統用蓄電池の事業化を目指し資本業務提携

大阪ガスは、と資本業務提携を結び、モビリティ由来のリユース蓄電池を活用した系統用蓄電池の事業化を目指します。その第一歩として、9月にはEVリユース蓄電池等で構築した蓄電池システムによる実証試験を開始したことを発表しました。

NExT-e Solutionsは、劣化状態が異なることに起因する利用可能量の低下などの技術的課題を解決する蓄電池の制御技術を保有しているため、リユース蓄電池を最大限活用することが可能です。

本実証では、大阪ガスの敷地内にて、EVとフォークリフトから回収したリユース蓄電池と新品の蓄電池を用いて、蓄電池システムを構築。NExT-e Solutionsの制御技術に加え、大阪ガス子会社の劣化診断技術も駆使し、劣化状況が異なる蓄電池を組み合わせて運転した際のリユース蓄電池の有効性を検証するということです。

(出典:大阪ガスプレスリリース)

 

<参考>

https://www.osakagas.co.jp/company/press/pr2022/1309569_49634.html

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。