ソーラーパネルリサイクル市場、2021年から2026年にかけて約12%のCAGRで成長見込み

2022年3月9日、株式会社グローバルインフォメーションが、市場調査レポート「ソーラーパネルリサイクルの世界市場 (2021-2026年):産業動向・シェア・規模・成長・機会・予測」(IMARC Services Private Limited)の販売を開始したことを発表しました。

 

市場の概要

世界のソーラーパネルリサイクル市場は、2015年から2020年にかけて力強い成長を示しました。2021年から2026年にかけて、市場は約12%のCAGR(年平均成長率)で成長すると予測されています。

ソーラーパネルは、シリコン、銀、アルミニウム、銅、ガリウム、鉛、カドミウムなどの有害物質で構成されています。世界中で設置が増加しているため、廃棄物の発生を抑えるためにリサイクルの必要性が高まっています。ソーラーパネルのリサイクルは、廃炉から回収・分別まで一貫して行われます。リサイクルすることで、廃棄物から有害物質の放出を防ぎ、太陽光発電モジュールから排出される温室効果ガスを削減することができます。現在、いくつかのメーカーが回収した材料を精製し、新しいパネルや発泡ガラスなどの部品に使用しています。

 

市場の動向

再生可能エネルギーの普及に伴い、世界中でソーラーパネルの販売が増加しているため、毎年、大量の廃棄物が埋立地に捨てられています。このことは、人体へのリスクを最小限に抑え、耐用年数管理を確実にするために、ソーラーパネルリサイクルの需要を促進する重要な要因の一つとなっています。また、新しいパネルの総コストを削減し、雇用機会を創出することにもつながります。さらに、多数国の政府がプロダクトスチュワードシップや埋立コストの増加など、厳しい規制や政策を導入していることも市場の成長を推進しています。加えて、これらの国々はリサイクルプロセスを合法化し、さまざまなソーラーエネルギープロジェクトを実施しています。このことは、この業界で事業を展開するメーカーに、市場参入の有利な機会をもたらしています。さらに、複数の企業がレアメタル元素の回収とリサイクルのための研究開発活動に投資しており、これが市場成長を加速すると予想されています。

 

主要な市場区分

世界のソーラーパネルリサイクル市場は、プロセス、タイプ、材料、保存期間に基づいて分類されています。

 

プロセス別の市場区分

・サーマル
・メカニカル
・レーザー
・その他

タイプ別の市場区分

・結晶シリコン
・薄膜
・その他

材料別の市場区分

・金属
・ガラス
・アルミニウム
・シリコン
・その他

保存期間別の市場区分

・通常の損失
・初期ロス

 

市場の競合状況

世界のソーラーパネルリサイクル市場における主要な企業として、以下のような企業が挙げられています。

Canadian Solar
Echo Environmental LLC (Envela Corporation)
Envaris GmbH
First Solar Inc
Hanwha Group
Reclaim PV Recycling Pty Ltd
Reiling GmbH & Co. KG
SILCONTEL LTD
Silrec Corporation
SunPower Corporation (Total SE)
Total Green Recycling
Trina Solar

 

参考URL:https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000003174.000071640.html

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。