太陽光パネルを廃棄するときに気を付けなければいけないこと①

太陽光パネルを廃棄するときに気を付けなければいけないこと①

太陽光パネルは鉛、セレン、カドミウムなど有害物質が含まれているため、適切な処分・廃棄が必要です。

また、廃棄・処分が必要な太陽電池モジュールは、一般的には、産業廃棄物の品目である

・金属くず
・ガラスくず、コンクリートくず及び陶磁器くず
・廃プラスチック類

の混合物として取り扱われます。
そのため、これらの許可品目を持つ収集運搬業者(産廃業者)に委託しなければなりません。

その後、適切な中間処理業者・リサイクル業者にて処理されます。(中間処理業者・リサイクル業者が収集運搬(引き取りサービス)を行っている場合もあります。)

また、太陽電池モジュールは電気機械器具に該当します。そのため、使用済太陽電池モジュール由来の
・金属くず
・ガラスくず、コンクリートくず及び陶磁器くず
・廃プラスチック類
を埋立処分する場合には、管理型最終処分場への埋め立てが必要となります。

 

保有されている太陽光パネルの総合的なご相談を承っております。まずはお気軽にお問合せフォームよりご相談ください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。